日焼け止めの選び方

最近は、本当にたくさんの日焼け止めが発売されており、どれを選んだらよいのか本当に迷います。そんなときに、次の事を参考にして選んではどうでしょう?

日焼け止めには、SPF値とPA値があり、SPF値は、UVBの防止効果、PA値は、UVAの防止効果をあらわします。SPFは、皮膚を赤く炎症させるUVBをカットする強さで、PAは、肌を黒くするUVAをカットする強さを表します。

日常の生活で使用するものは、化粧下地をかねて、SPF15程度、PA+~PA++程度が良いでしょう。スポーツなどアウトドアで長時間過ごす場合、SPF30以上、PA+++の日焼け止めのものを選びましょう。

さらに、顔だけでなく、露出する部分には全て日焼け止めを塗るようにしましょう。しみが出来やすい頬骨の付近は念入りに塗ります。日焼け止めは一度塗ったら一日OKというものではありませんので、適度に塗りなおしをしましょう。